きょうは自分の通院 病院が都心なので少し道草

午前中のこと

起床5時。お風呂追い焚き、入浴、身支度。

カゾクの朝ごはん(卵サンドイッチ、鶏ハムときゅうりのサンドイッチ、りんご)、お昼ごはん(昨日買ってきたお稲荷さん4個、栗蒸し羊羹)を準備し、自分も朝ごはんにサンドイッチ1個、食べる。

カゾクの様子、見る。ベッド上に座っている。

痛みなく調子がよい、とのこと。

キッチンまで歩ける、と言うので、準備した朝食・昼食はキッチンに置き、歩いてとりに行ってもらうことにする。カゾクの部屋はエアコンきかせているので、相当暖かく、食べものを置くには適さない。

ネコ、イヌのごはん食べさせて、出かける支度をする。

行きに駅前の銀行に寄り、支払いを済ませようと早めに出発。

銀行のシャッターがちょうど開き、なかに入って要件を言うと「ここは個人様の口座のみ扱っているので、法人様の扱いはできません」と言われる。

個人・法人で銀行は業務を分け、支店ごとに設定していることは知っていたが、支払いはできるのかと勘違いしていた。

他にお客は誰もいないのにな。

右下肢リンパ浮腫の経過観察のために、半年ぶりの通院。病院は都心なので、法人扱い銀行はいくらでもあるだろう。

地下鉄出口を上がるとすぐに、法人・個人どちらも扱う大手銀行ありました。

まだ早い時間帯なので、ほとんど待っている人はいない。

が、予約がないため大変お待たせすることになります、予約の方がいらしたらそちらが優先です、と入り口で言われる。

銀行から、きょう2回目の説教をされたような気分になる。

今日中に支払う案件なので、はいわかりました、と言って、おとなしく待つ。

20分ほどで銀行の用事、終了。病院に徒歩で向かう。

半年ぶりの通院。看護師さんのリンパドレナージュと主治医の定期検診。

ところが、主治医は海外に行っていて、きょうは診察なし。

最近世界を飛びまわり、活躍中の主治医とわかっているため、きょうのところは診察なしでOK。

ドレナージュは、もう何年も前からしてくださっている、M看護師さん。

Mさんは、マッサージの手を止めないまま、カゾクの介護の現状について、いろいろ聴いてくれる。とても聴き上手なので、ありがたい。

Mさんの声を聴いていると、一昨年まで住んでいた海の近くが恋しくなる。彼女は、その近くに住んでいる。

マッサージ終了後、いつもどおり、半年後に予約を入れる‥半年? 今の私には半年先のことが、何も見えない。予測もつかない。

お天気もよく、久しぶりの自分のための外出時間。都心をゆっくり歩きたいが、用事があるので、近くの百貨店の地下にだけ寄る。

カゾクが夕食に希望している、焼き鳥弁当を探す。ないので、焼き鳥だけ、とりあえず、買う。

午後のこと

自宅近くの骨董店に、行く。店主が、金継ぎの教室をひらいている。

偶然知って、少し前から行ける時だけ参加している。

通院のため遅刻。前回、遅刻することを言っていたが、先生は忘れていたらしい。

一緒に参加している、Uさんは覚えてくださっていた。

いつも生徒さんは、私を含め4人だが、きょうは、Uさんと私だけ。

ヒビ割れを銀継ぎしていた、江戸時代後期の食器の磨きをして、完成。

次回から、友人から預かった江戸時代の器と、デルフトのようなブルーのかわいい花瓶を手がける予定。

遅刻して行ったため、あっという間に時間が経ち、終了。

先生がお茶をたててくださり、おしゃべりをした。先生がポツポツと聞いてくださり、カゾクの介護のことを初めて話す。

聞かれなかったら、話さないことだけれど。

聞かれたから、隠さず淡々と話した。

先生もUさんも静かに聴いてくださったので、嬉しかった。

自分のことを話すと、だいたい大げさな反応が返ってきて、いつも後悔するので、聞かれてもあまり話さないようにしている。

でも、お二人とも人生経験がたくさんおありの様子なので、動じないで聴いてくださり、ありがたかった。

ご自身の手術体験も披露してくださり、みなさん、何かしらありますね。

他の話題でおもしろかったのは、私が住んでいる地域を掘ると、縄文土器が出ることがある、という話。

そして、もし縄文土器が出てきたら、洗わないでまずその場に放置して乾かすこと、と、先生。

なぜか‥よくわからなかった。

そのうち、ぜひ、ネコの額の庭を掘ってみよう。

帰宅して部屋をのぞくと、カゾクは、ベッドの上や周りにものを増やしていた。

私の留守中に、2階の自室に行き、周りに置きたいものをとってきた様子。

2階に行くことができたのなら、それは、よかった。

カゾクのお夕飯は、焼鳥、炒り卵、ごはん、大根とカブのぬか漬け、大根とおあげのお味噌汁、和菓子。

自宅から出ずに暮らしていると、都心のことなどまったくわからない。

きょう、都心に行ったら、海外からの人々がたくさん歩いていた。

Dior から高価そうな服を着た、若い、たぶん中国人が出てきて、送りだしていたショップの人が「シェイ、シェイ‥」と中国語で対応していた。

「ありがとうございました」で、いいのに。せっかく日本で買い物しているのに、つまらなくないのかな。

きょう1日で、たくさんの人たちと話ができた。

日常会わない人たちと、日常と関係ない話ができた。

かぞくのかいご。

きょうもいちにちおつかれさまでした。