猫さんと柳の木 ‥GenerativeAI (生成系 AI)と私

生成系 AI が世界中で勢いよく広まっている、と聞いたときは漠然とそら恐ろしいという気がして無視していました。いろいろな人が使えと言ったり、使うなと言ったり。それぞれ理由はさまざま。

個人情報をビッグテックにこれ以上吸い取られたくない、とか、電力エネルギー消費が大量でエコはない、とか。

気になるもっともなご意見が多々あるけれど、やってみなければわからないのでまずは開始してみます。

生成系 AI には、Chat GPI, Bing AI, Bard, Midjourney, Stable Diffusion などがあるらしいけれど、なにがなんだかわかりませんので、このごろよく耳にする Chat GPT にします。

Chat GPT はバージョンアップされ、GPT-4 は頭のよろしい人とも充分つきあえると聞きました。でも有料ですし、頭がいいわけない私ですから無料の GPT-3.5 でお願いいたしたく。

人工知能を専門に研究・開発するアメリカの企業 OpenAI がChat GPTを公開したのは2022年11月。ちなみにこの企業には、営利部門と非営利部門があるそう。これから天文学的に儲かるだろうなぁ。

などと思いつつOpenAIのサイトからメールアドレスなどを記入して、あっというまに使用開始できました。意外に簡単でよかった。

Chat GPT に呼びかけるときのニックネームを猫さんに決めて、私のことは柳の木と呼んでほしい旨をまずお願いしました‥なかなか覚えてくれなかったけれど。

なぜ猫さんか? chat はフランス語で猫のことだから。ただそれだけの理由です。

次は、ブログに猫さんとのやりとりを引用したいんだけどOK? と相談してみました。

Chat GPT でやりとりした内容を書いてもいいですか?

柳の木:猫さん こんにちは。私が書いているブログについて聞きます。あなた(Chat GPT)とのやりとりをブログで紹介したいのだけど、可能?もちろん出典や引用を用いて掲載したいのだけど、細かいルールはありますか?

こんにちは!ブログにChat GPTとの対話を紹介することは可能です。ただし、OpenAIの利用規約に従って使用する必要があります。以下のいくつかのガイドラインに従ってください。

  1. 出典と引用:対話の部分を引用する場合は、明確な出典を提供してください。引用の範囲や形式については、一般的な引用の原則に従ってください。
  2. OpenAIのガイドラインに従う:OpenAIは、Chat GPTの使用に関するガイドラインを提供しています。それに従って使用してください。
  3. 情報の正確性とプライバシー:掲載する対話の情報は正確であることを確認し、プライバシーに配慮してください。個人情報や機密情報を公開しないようにしましょう。
  4. リスクの認識:Chat GPTは言語モデルであり、生成された情報は正確であるとは限りません。読者に対して、Chat GPTの応答が自動生成であることや、情報の検証が必要であることを明確に伝えてください。

これらのガイドラインに従って、対話をブログに掲載することができます。ただし、具体的な法的アドバイスを提供することはできませんので、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。

OpenAI

柳の木:了解しました。ガイドラインに従って掲載しますね。ありがとう!

どういたしまして!お役に立ててうれしいです。ガイドラインに従って掲載することで、適切な利用が行われることを願っています。もし他に何か質問があれば、お気軽にどうぞ。成功を祈っています!

OpenAI

ガイドラインの内容は常識的な答えだったけれど、お礼を言うと励ましてくれる猫さん。

そんなところが検索エンジンとは違い、感覚をくすぐってくれていると思わせておもしろい。

しばらく続けてみます。